2019年成人式振袖 新作発表会

【対象者】
・平成10年4月2日から平成11年4月1日の間に生まれた方
・平成11年4月2日から平成12年4月1日の間に生まれた方

振袖の由来

江戸時代、神様を招くために長い布を肩から掛けて振ったのが、振袖の由来といわれています。明治時代から未婚女性の正装となり、現在も第一礼装として受け継がれています。恋愛の「振る」「振られる」も、実は振袖からきた言葉。結婚すると振ったり振られたりがなくなるので、既婚女性は礼装として「振袖」ではなく「留袖」を着るというわけです。長い袖を振ることは、厄を払い身を清め、災難や病気から身を守るといわれ、女性の厄年である19歳の年や、人生の門出となる結婚式や成人の日に、振袖を着るようになりました。

振袖

前撮りから式当日まで完全サポート

  • Step1まずはお店で振袖を選び

    たくさんの振袖の中からお好みの色やお顔映りを見ながら、お気に入り見つけてください。振り袖が決まったら、帯や小物をコーディネート♪

  • Step2前撮りをたっぷり楽しんで

    前撮りは式当日とイメージの全く違う振袖で撮影できます。2種類の振袖に、ヘアメイクも変えて楽しんでいただけます。日焼けしてしまう前の4~7月までがオススメの時期です。お早めにご予約ください。

  • Step3年内の打ち合わせしっかり念入りに

    年内に成人式当日のへアセットメイクの打ち合わせを行います。前撮りの時とは違うスタイルをお楽しみください。

  • Step4シャンプーは前日の夜までに

    式当日、ぬれた髪ではセットはできません。シャンプーは前日までに済ませ、すぐセットできるように。スタイリング剤は絶対つけないでね。

  • Step5式当日お仕度時間は厳守

    お仕度順は分刻みで予約が入っています。遅刻をすると全てのお客様に遅れが出てしまうため、一番最後の時間になってしまいます。目覚まし時計はしっかりかけて寝ましょう。

  • Step6来店時は前開きの洋服で

    式当日はヘアセット・メイクの後、着付けに入ります。ヘアメイクをしたら、かぶりの洋服は脱ぐ事ができません!必ず、前開きの洋服を着て来店してください。忘れ物が無いように、チェックもしましょう。

  • Step7朝食は必ず食べましょう

    式当日は長い一日になります。朝食はしっかり食べましょう。ただし、食べ過ぎは帯が苦しくなるので気をつけて。

  • Step8式典マナーは守りましょう

    成人式会場に到着したら、ケータイ・スマホは必ずマナーモードに。室内に入ったら防寒用のショールははずし、バックを持った手に掛けましょう。マナーを守って成人式を楽しでください。

振袖

※その他の衣裳も取り揃えております。