お宮参り・百日祝い

お宮参り

生後約1ヶ月で、その土地の守り神である産士神(うぶすながみ)に参拝し、赤ちゃんの誕生を報告し、無事に生まれた感謝と健やかな成長を願う行司です。男の子は生後30日目、女の子は生後31日目でお祝いをするのが一般的とされますが、仏滅をタブーとしなくなった現在では、赤ちゃんの為に寒暖の厳しい時期を避けたり、お母様や赤ちゃんの体調を考えて参拝の日取りを決めるのが一番良いでしょう。神社にお参りをしてお賽銭だけで帰るのではなく、誕生のお祝いですから、お祓(はら)いを受け祝詞(のりと)をあげていただく事をお勧めします。赤ちゃんが成長されお宮参りの写真を見た時に、自分の誕生を家族全員が祝福してくれた事の幸せを感じていただけるよう、お宮参りの撮影は両家のお祖父ちゃんやお祖母ちゃんなど大家族での撮影をお勧めします。

お宮参り
百日祝い

百日祝い

子供の成長を祝うとともに『一生食べることに困らないよう』の願いを込めて、赤ちゃんに食事のマネをさせる伝統的儀式です。『百日(ももか)祝い』『箸揃え』『箸祝い』とも言われます。生後100日目にお祝いの膳を設ける「お食い初め」、時代の移り変わりと共に形は変わってきましたが、赤ちゃんを取り巻く人達の真心を形とする記念日として定着しています。笑顔や表情も豊かに可愛らしくなる時期です!お食い初め膳や、でんち衣裳など様々なお道具など取り揃え、たくさんのポーズ・表情を撮影いたします。

祝着

※その他の衣裳も取り揃えております。